3dsMax アプリケーション 紹介 紹介・レビュー

超絶便利!3dsMaxから簡単にPhotoshopへ!最新バージョン『psd-manager 4.0』

投稿日:

3dsMaxからPhotoshopにデータを持っていく一番いい方法の一つが『psd-manager』だ。

開発元のcebasより、メジャーバージョンアップ版の4.0が発表された!

 

psd-managerとは

簡単に言えばPhotoshopで調整したいオブジェクトなどをマスクやオブジェクト毎にPSDに出力する事が出来る。

説明するより、画像を見てもらった方が早いだろう。

 

このようにレンダー画像の直下にグループ分けされたレイヤーが組み込まれる。

緑のラインは解りやすいように作ってみた。

 

2D画像の場合、レンダリングで色や彩度などを調整するより、圧倒的にPhotoshopで処理した方が速い。

標準のRender Elementsでも色々と出力出来るが、このプラグインの秀逸なところはオブジェクト毎やID毎に単体レイヤーとして出力できる点にある。

一度設定さえしておけば、ポスト処理としてのスピードは段違いに上がる。

それがpsd-managerだ。

こちらは3.0のビデオ。どんなものかはこちらをご覧頂きたい。

 

psd-manager 4.0では何が出来るようになったのか。

3dsMax 2017や最新のV-Ray,コロナレンダーにも対応。

 

詳細は以下に引用を掲載する。

  • Adjustment layers for a non-destructive workflow

    • Save 3ds max Gamma correction as precise Photoshop Adjustment Layer in the PSD file
      • Precisely matches 3ds max Gamma correction
      • Allows to correctly compose render elements in linear space within 8/16 bit PSD files
    • Save V-Ray color corrections as Adjustment Layer (embedded LUT)
      • Start tonal adjustments in the V-Ray framebuffer, then improve or revert as needed within Photoshop
  • Improved Render Elements Output:

    • New Auto-Sort mode keeps layers organized continuously
    • Render elements can now be encloed into a global layer group
    • Per render element control over Gamma correction and V-Ray color corrections
    • Updated built-in presets for over 200 render element types
  • Named Selection Sets Output:

    • 3ds max Named Selection sets can now be used for quick and easy creation of masks
    • User friendly, since no IDs need to be assigned to create masks for arbitrary groups of objects
    • Masks can be exported as layers (Alpha Matte, Luminance Matte, Render Cut-out) or channels
  • Corona Renderer Support:

    • psd-manager now supports Corona (Rendered Image Output and Render Elements Output)
    • Built-in presets apply correct blending mode, layer visibility, layer order etc. for all Corona render elements
    • Auto-sort mode ensures Framestamp, Beauty, Bloom & Glare are on top of the stack and all Masking and Light Select elements stay among their own kind
    • Automatic Corona CMasking_Mask render element splitting & naming
  • V-Ray specific improvements

    • Optimized workflow for V-Ray Denoiser
      • Denoiser elements are automatically arranged on top of other layers
      • Gamma correction is applied to Denosier layer but not to elements that need to stay in linear space for back-to-beauty compositing
      • Optionally exclude render channels generated by V-Ray Denoiser from export
    • Export V-Ray color corrections as Color Lookup Adjustment Layer (LUT based)
    • New built-in presets for V-Ray Render Elements (Denoiser, NoiseLevel, MtlReflectIOR, OptionRE )
    • V-Ray color corrections are automatically applied to specific render elements only (RGB, Denoiser, ObjectSelect, MtlSelect)
    • V-Ray color corrections can be enabled per render element
    • VRayMtlSelect and VRayObjectSelect elements now use layer transparency by default
  • PSB Format support (Photoshop Large Document Format):

    • Creation of Photoshop documents over 2 gigabytes in file size or 30000 pixels in resolution is now supported
    • Automatic switching to PSB format when the limits of the PSD format are exceeded (no re-rendering required)
  • Improved Scene Layers Output:

    • List of scene layers is now shown as a hierarchy, sorted and resizable
    • Scene layers appear in order of the flattened hierarchy in the PSD file.
    • Empty layers are filtered out even when objects are just obscured or outside the field of view
  • Other new Features and Changes:

    • 3ds max 2017 support

    • Custom dithering algorithm to avoid noticeable patterns of standard 3ds max dithering

    • Option to show or hide all masking layers

    • Support for ART Renderer render elements export (added workaround for ART bug)

    • Simplified deployment and updates using Cebas Product Manager

      引用元:http://www.cebas.com/?pid=news_article&nid=579

 

国内販売代理店はインディゾーンTMS

国内ではまだ発表はされていないのだが、おそらく購入はこちらからになるだろう。

僕は昔2.0の時にTMSから購入して使っていた事がある。

今はバージョンが合っていないために使用していない。

秀逸なプラグインなので、是非おすすめしたい。

 

 

 

-3dsMax, アプリケーション, 紹介, 紹介・レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今度のCintiqは4K液晶! Wacom Cintiq Pro 発表

先日、MobileStudio Proを発表したWacomだが、今回は液晶タブレット「Cintiw Pro」を発表した。 Cintiqと言えば液晶画面を搭載したペンタブレット。 MobileStudi …

The Art of INEI コンセプトアート(ジ・アート・オブ インエイ コンセプトアート)

圧倒的画力。Photoshopのブラシが500個以上も付いた『The Art of INEI コンセプトアート』 レビュー

ファイナルファンタジーやドラゴンクエストなどの大作のコンセプトアートを手がける株式会社INEI(陰翳)。 7年かけて制作した1冊の画集だ。 The Art of INEI コンセプトアート(ジ・アート …

カメラの被写界深度の勉強

カメラの被写界深度のお勉強!『ボケ シミュレーター』

一眼レフカメラで撮影する時に重要な要素の一つが「被写界深度」だ。 いわゆる「ボケ」「ボケ味」などと聞いてあぁ~と思う人も多いだろう。 具体的には省略するが、F値やISO感度、レンズなどが重要になってき …

ANKERの家電ブランド eufy より超音波式加湿器が発売

ANKERと言えばMac製品にピッタリなアクセサリーメーカー。 僕もANKER製品には非常にお世話になっている。 ANKERの特徴と言えば、そのデザインの良さと質の高さ。 手頃な価格でデザインもいい。 …

年に一度の大セール!Amazon サイバーマンデーセール!

Amazonがサイバーマンデーセールを行っている。 年に一度のセール。 購入を検討していた人は欲しいものがないかチェックしてみよう。   例えばKindleは恒例通り最大7,800円オフのセ …