3dsMax アプリケーション チュートリアル

3dsMax 様々な床・地面を作るならコレ!『FloorGenerator』

投稿日:

CG制作にとって重要な部分である床 地面。

テクスチャでなんとかしていないだろうか。

それも過去の話になろうとしている。

床や地面だってフルポリゴン!これが次代のスタンダードになりそうだ。

 

床は勿論、屋根だって作れる!

スタンダードなフローリングは勿論、色んなパターンのインターロッキングも作る事が可能だ。

FloorGenerator

ヘリンボーンやヘキサゴンも作れる。

目地もポリゴンで作る事ができ、その太さも自由自在。

テクスチャでヘリンボーンなんか作るの大変ですもんね。これは非常にラクです。

 

無料版と有料版の違いはこの目地のパターン。

無料版はスタンダードしか作る事ができない。

 

そして床のパターンを作るだけでなく、このスクリプトの真骨頂は「マルチテクスチャー」と呼ばれる超高画質のテクスチャーを貼る事による、スーパーリアルな画が出せるという事。

同ウェブサイトには多くのテクスチャーが販売されている。

このマルチテクスチャーは例えばフローリングならその1枚分がテクスチャー1枚に相当する。

つまりこのマルチテクスチャーを買えばランダムにフローリングの1枚1枚にマッピングされる。

1枚4000ピクセル弱もあるので、結構寄っても解像感が損なわれる事なくレンダリングできる。

 

詳細はこちらよりどうぞ

-3dsMax, アプリケーション, チュートリアル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

pencil+4

アニメCG制作のプラグイン『Pencil+ 4』発表!

昨今のアニメCGはこの『Pencil+シリーズ』が使われている事が多い。 3dsMaxのプラグインで、セルルック調にレンダリング出来るソフトだ。 そのPencil+に新しいバージョン 4が発表された! …

[フリーダウンロード] ルーブル美術館の像25モデルがダウンロード出来るぞ!

ルーブル美術館の像をPhotoscanで3Dスキャニングした3Dモデルデータがダウンロード出来る! 25もの総数になり、そのクオリティは高い。   気になるフォーマットはOBJ(テクスチャ付 …

超絶便利!3dsMaxから簡単にPhotoshopへ!最新バージョン『psd-manager 4.0』

3dsMaxからPhotoshopにデータを持っていく一番いい方法の一つが『psd-manager』だ。 開発元のcebasより、メジャーバージョンアップ版の4.0が発表された!   psd …

テクスチャー制作のためのアプリケーション『Substance Designer 6』発表!

テクスチャーを作るに当たって苦労している事はないだろうか。 このSubstance Designerはテクスチャ制作に特化したアプリケーションだ。 ノードベースで直感的に解りやすく、あらゆるマテリアル …

3dsmax 本の配置スクリプト

[スクリプト] 3dsMax 本をランダムに並べてくれるスクリプト!『Bookmanager』

インテリアを作成する際、本はかなり便利だ。 色んな場所・用途に使えるし、画の賑やかしになる。 そして適切に配置する事によって雰囲気が一気に上がり、リアリティにも繋がる。   しかし、本を並べ …