リリース情報 レビュー 紹介 紹介・レビュー

圧倒的画力。Photoshopのブラシが500個以上も付いた『The Art of INEI コンセプトアート』 レビュー

投稿日:2016-12-13 更新日:

ファイナルファンタジーやドラゴンクエストなどの大作のコンセプトアートを手がける株式会社INEI(陰翳)。

7年かけて制作した1冊の画集だ。

The Art of INEI コンセプトアート(ジ・アート・オブ インエイ コンセプトアート)

どこかでこれらの画を観た事がないだろうか。

 

ただただその画に飲み込まれる

巷で話題になっていたので僕も購入してみた。

「コンセプトアート」というのはまぁ何となく知っていた程度だったが、同社代表の富安氏の事は知っていた。

かなり有名な人ですし。

ただその人の画集だとは知らなかった。

この本には何十枚ものコンセプトアートが納められており、そのメイキングからどうやって描くかなどのノウハウも書かれている。

何回見ても飽きがきそうにない作品。

そしてためになるノウハウ。

 

The Art of INEI コンセプトアート(ジ・アート・オブ インエイ コンセプトアート)

The Art of INEI コンセプトアート(ジ・アート・オブ インエイ コンセプトアート)

 

この本を買うと、オマケとして

・制作ビデオ4点

・Photoshopブラシ(500個以上!!)

・作品の一つの”レイヤー統合していない”PSDファイル

が付いてくる。

  • レイヤーを統合していない(笑)フォトショップデータ。

  • 通常は有償販売(総額6,000円!)しているチュートリアルビデオ。

  • 富安が長年積み重ねて出来上がった老舗の鰻のタレのようなフォトショップブラシセット。

引用:http://ineistudio.com/artbook01/

 

もう僕は半分くらいこっちが目当てだったのも事実。

「どんな風に描かれているんだろう」

「どんなブラシを使っているんだろう」

「そのレイヤ構成は?描画モードはどう使ってる?」

などという疑問を持ちつつこのオマケを楽しんだらいいと思う。

 

ビデオも素晴らしく、2Dで三次元を描くためのノウハウが解説されている。

昔 美術の授業で習ったような理論からテクニックまで解説されている。

 

The Art of INEI コンセプトアート(ジ・アート・オブ インエイ コンセプトアート)

The Art of INEI コンセプトアート(ジ・アート・オブ インエイ コンセプトアート)

 

 

何と言ってもPhotoshopのブラシ。

これ。

ものっすごい数が収録されている!!!数えたら500個を超えていた!

キラキラ系から雲、汚しもあれば人型まである。

これが凄く使いやすくて、まるでこんな画が描けそうな気持ちになってくる。(無理)

 

兎にも角にも素晴らしいオマケ付きのこの本。

 

Photoshopを常日頃使っている人なら何が何でも手に入れてみてほしい。

それだけ価値のある一冊になるだろう。

 

 

詳しくはこちらからどうぞ!

-リリース情報, レビュー, 紹介, 紹介・レビュー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

機能と効果をちゃんと理解して補正してますか?「Photoshopレタッチ・プロの仕事」

株式会社エムディエヌコーポレーションは、プロカメラマン必須のレタッチテクニックをまとめた教書「人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事」を3月14日に発売した。 たとえば、撮影した …

CG VFX ブレイクダウンが公開! 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

この記事では映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のCG VFXのブレイクダウン(メイキング)を紹介する。 今のCGって骨から作られているんですね。 僕が無知なだけですが、リギングにも色ん …

本日発売!MAYA使い・モデラー・リガーのための漫画『マヤ道!! THE ROAD OF MAYA』

MAYAを使っている人、特に初心者にオススメなのがこちら『マヤ道!! THE ROAD OF MAYA』 解りやすく漫画で解説されている。   本書は、リグの実践的なノウハウを学習する前に知 …

MdN 2017年4月号 VOL.276 『作品のスタッフ・クレジットから 読み解けるもの』

MdN4月号は面白い特集だ。 僕は映画や音楽などのクレジットが好きだ。 映画はスタッフロールまで含めて映画であると思っているし、音楽はどこのスタジオでレコーディングされたかまで見ている。 映画であれば …

デジタルハリウッドでAdobeCC48%オフに!

商用・法人利用もOK! Adobe Creative Cloudを最安で使う方法!

「Adobe製品は高い」 そう刷り込まれている大人も多いはずだ。 当時はCSシリーズを使うには何十万円もかかった。 それが今では年額でサブスクリプションという形になった。 CCのコンプリートプランなら …