[使い方] PhotoshopプラグインでOpenEXRに対応させる! 『Exr-IO』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
Exr-IO

ハイエンドのCGアプリケーションを使っている人に朗報だ。

PhotoshopのプラグインでOpenEXRを追加するフリープラグイン 『Exr-IO』がリリースされた!

sponsored

簡単!インストールするだけ!

まずはこちらのページからダウンロードしよう。

そしてインストールするだけ!

それだけでPhotoshopに自動的に追加される。

僕の環境は3dsMax2017、V-Ray 3.4。

大体どのアプリケーションでも同じだと思うが、まずはRenderElementsで必要な情報をピックアップしよう。

そしてレンダリング後、保存設定でOpenEXRを選択。

Exr-IO

設定項目からレンダリング要素を追加する。

Exr-IO

保存したOpenEXRをPhotoshopで読み込む。

するとダイアログが出る。

Exr-IO

適宜チェックをすると、Photoshopに読み込まれる。

OpenEXRと言えば32ビットで保存でき、広いダイナミックレンジを保ったまま編集できる。

今後はますます普及するであろう手法だ。

詳しい情報はこちらから。

sponsored

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする