ApplePayを1ヶ月使ってみて分かった5つの事。前編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

発売日にiPhone7を購入し、ApplePayサービス開始時からほぼ毎日ApplePayを使っている。

viz factorではデザイン・CG・アートの事をメインとして扱っているが、良いサービスや日常に溢れた事も記事にしたいと思う。

今日はAppleのペイメントサービス『ApplePay』について分かった・気付いた事をお届けしたい。

sponsored

そもそもApplePayとは

ご存知の人も多いと思うが、ApplePayとはAppleが提供するモバイルペイメントサービスの呼称だ。

2014年10月より米国にてサービスが開始された。

iPhoneに内蔵されているNFCを利用し、Walletアプリを通じてクレジットカードを登録する。

POS端末に繋がったリーダーから「支払いはApplePayで」と伝えると日本のおサイフケータイのように支払いが出来る というサービスだ。

ここ日本では少し仕組みが違う。

クレジットカードに紐付いた『QUICPay』『iD』にて決済をする。

どんなクレジットカードでも登録出来る訳ではなく、この2つに対応したクレジットカードが必要になる。

対応クレジットカードはこちらより

レジでは「QUICPay(iD)で支払います」と伝え、iPhoneをリーダーにかざす。

ApplePayはサービスの呼称であり、支払い時には「ApplePayで」と伝えても決済はできない。

それでは僕が感じた5つの事を紹介しよう。

1. 登録したクレジットカードはオリコカード

僕はこのApplePayを使うためにオリコカードのTHE POINTを作った。

理由はやはりその還元率の高さ。

ポイント還元率は1%と高い。

搭載されているのはQUICPayだ。

また僕はTポイントを貯めているのだが、オリコポイントから各社色んなポイントに等価交換出来る。

Tポイントを貯めるにはソフトバンクカードもあったが、汎用性の低さで見送った。

持っていないクレジットカードでオススメは楽天カード

これも還元率1%の大台に乗っている。


2. やはり小額決済はキャッシュレスが便利で速い

小銭を財布から出さない 入れないというのはやはり便利だ。

僕は毎日コンビニでコーヒーを買っているのだが、やはり速い。

対応店舗もコンビニだけでなく、今では色んな小売店が対応している。

後述するSuicaでは指紋認証が要らず、従来のおサイフケータイと同じような感覚で決済することが出来る。

ApplePayは具体的にどうやって使うのか。

レジで支払い方法を伝えたあと、コンビニならリーダーが光る。

iPhoneをかざせばいいのだが、僕はそれで思いがけない事が起こった

僕のiPhoneは持ち上げるだけで画面が点灯し、ホームボタンに指が触れるだけでロック解除出来るように設定している。

するとiPhoneをかざした瞬間にロックが開いてしまい、さっきまでやっていたゲーム画面になってしまったのだ。

一度閉じてアタフタしてしまい、結果支払いが滞るという事態になった。

別にホーム画面でもリーダーにかざせば強制的にApplePayの画面になるのだが、ゲーム中はどうなんだろう。

そこまでは検証出来ていない。

この事があってから、僕は支払い前にスリープ状態の時にホームボタンをダブルクリックして

ApplePayの画面を出しておく という事前動作が癖づいてしまった。

ちなみに僕はレジの前に立つだけでコーヒーカップが出て来るくらい覚えられている。


後半へ続く

sponsored

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする