ニュース リリース情報 紹介・レビュー

カール・ツァイスが設計した『ZEISS VR ONE Plus』

投稿日:

VRゴーグルは安くて魅力的だ。

僕はGoogle Cardboardを持っている。

1000円くらいで購入でき、スマートフォンを差し込む事によって簡易VRを楽しむ事が出来る。

そんな中一眼レフカメラなどで有名な高級レンズメーカー カール・ツァイスからVRゴーグルが発表された!

 

カール・ツァイスが設計した『ZEISS VR ONE Plus』

 

「ZEISS VR ONE Plus」は、ユニバーサルトレー方式を採用し、4.7インチから5.5インチまでのスマートフォンに対応する。

iPhoneでもAndroid、どちらでも問題ない。

光学専業メーカーとして100年以上の実績を持つZEISSならではの先進の光学設計により装着時のピント位置調整が不要、眼鏡をかけたままでも使用出来る。

約100度にわたる広大な視野の隅々まで歪みのない高精細なVR体験が得られる。
また、“Google Cardboard SDK”に対応しており“iOS”及び“Android”のどちらのスマートフォンでも豊富なVRアプリケーションが楽しめる。

 

 

■製品概要
製品名       :ZEISS VR ONE Plus
販売予定日     :2016年12月9日(金)
メーカー希望小売価格:15,800円(消費税抜)
視野角(FOV)     :100°
IPD(瞳孔間距離)   :53mm~77mm
対応スマートフォン :液晶サイズ 4.7インチ~5.5インチ
同梱品       :ZEISS VR ONE Plusヘッドセット本体
ユニバーサルトレー
ヘッドストラップ

 

-ニュース, リリース情報, 紹介・レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[速報] V-Ray 3.5 リリース! レンダリング最大7倍速度向上?!ドングル不要にもなるぞ!

満を持しての登場である。 なかなか例を見ない「パブリックベータ」を募る程チカラを入れてきたV-Ray3.5。 サンプリングのアルゴリズムや大量のライトを配置した環境で最大7倍ものレンダリング速度向上を …

GANTZ:O

同タイトル初の3DCGアニメ映画となった”GANTZ:O” 職業柄も原作ファンとしても観に行ってきた。 率直な感想を言うと「日本のCG映画もここまで来たか」というもの。 原作で …

3dsMax 2017.1 update リリース

11月17日 Autodesk 3dsMax 2017がアップデートされた。 今回はSPxxとではなく『update x』という初めての形式でリリース。 今までのサービスパックとExtensionが内 …

『The Last of Us Part II』 PlayStation Experience 2016 ラストオブアス 新作トレーラーが公開!

最近は大作ゲームの発表が多い。 先日行われたPlayStation Experience 2016にて、『The Last of Us Part II』のトレーラーが公開された!   これゲ …

カラマネは壁紙から!!カラーマネージメントに最適な壁紙の紹介!

色を扱う仕事をしているならばカラーマネージメントは絶対にしなくてはならない。 モニターと言うのは、日々劣化していき、発色も変わっていく。 カラーマネージメントについてはこの記事で簡単に紹介しているので …